通信販売の魅力とメリット、有効活用法を解析

>

通販の歴史とこれからの展望

通信販売の歴史と推移

西暦1861年英国ウェールズにて、新たな商売が産声を上げました。
後にその功績を称えられ爵位を授与された毛織物事業者プライス・ジョーンズが、当時盛んだった鉄道を用いて全国へとカタログを配布し、郵送網を駆使して注文を受け付け、商品を発送するという事業モデルを確立したのです。
小さな牧歌的田舎町から始まった初のその通信販売の試みは、斬新ゆえにそれまでの商売の在り方を覆しましたが、多くの人の目に好ましく映り広く受け入れられました。
鉄道の拡張は彼の事業を後押ししヨーロッパ諸国へと販路を広げてゆき、最終的にはアメリカやオーストラリアにまで到達しました。
20年足らずで顧客は10万人を数えるまでになったとされています。
当時から通信販売の目的は今と変わりません。
それは忙しすぎたり、事情があって買い物に行けない人たちのニーズを満たすことです。

通信販売のこれから

物の価値がそのまま変わらずにあることは難しいですが、人間が根本的に必要とするものは時代によってそれほど変化しません。
誰もが衣食住を必要とし、その他に心を満たされることを必要とします。
基本となることが変わらない以上、通信販売で扱われる商品は流行り廃りはあれど大きく変動はしないでしょう。
しかし「通信販売」そのものが変化する可能性は大いにあります。
かつては郵便と鉄道が通販の生命線でした。
現在はその他にテレビやインターネットという販路があります。
これからはどんなメディアが現れて通販の戸口を開くでしょうか。
それはまだ分かりません。
また多くの選択が可能になった現代を思えば、これからはより個人に密着した必要を顧みることも通販の課題のひとつになるでしょうし、何らかの発展と改革が続けられていくことは既定路線と思えます。
今でさえ便利な通販ですが、これからもわたしたちの生活を支えてくれることは間違いありません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る